天神祭2024屋台何時から何時まで?出店場所はどこ?

※本サイトのコンテンツには商品プロモーションが含まれています。

スポンサーリンク

1000年以上続く日本三大祭の大阪天神祭。
祭のフィナーレを飾るのが、約3000発の打ち上げ花火が打ち上がる「奉納花火」です。

花火と屋台などを楽しみに、毎年130万人ほどが2日間で訪れます。

この記事では、「天神祭2024屋台は何時から何時まで?出店場所はどこ?」と題してまとめました!

お出かけ前に記事を読んで、天神祭2024の屋台に行く時の参考にしてみてください🎵

\お祭り必須のモバイルバッテリーはこちら!/

>>軽量でオススメのモバイルバッテリーゲット<<

スポンサーリンク
目次

天神祭2024屋台は何時から何時まで?

天神祭は、2024年7月24日(水)宵宮と7月25日(木)本宮の2日間行われます。
天神祭2024屋台の営業時間は11時から23時までです。

しかし、お店によっては9時から営業しているところがあったり、完売して23時より前に閉店してしまったりするところがあります。

気になるお店(特にあゆの塩焼き!)は、空いていて、売っているうちに買うことをオススメします!

スポンサーリンク

天神祭2024の概要

天神祭2024の概要をお伝えします。

名称天神祭奉納花火2024
場所大阪天満宮・川崎公園・桜之宮公園
開催日時2024年7月25日(木)日没~21:00頃(約90分)
打ち上げ花火の数約3000発 
最寄駅【電車】JR桜ノ宮駅から桜之宮公園沿いを南へ徒歩2分。
または京阪鉄道・大阪市営地下鉄天満橋駅から徒歩5分

何年か前は、イベントの帰宅ラッシュと、花火大会が終わる時間が重なってしまったようです。
どの駅で帰るか、帰る直前に調べてから、歩き始めた方が良さそうですね。

天神祭2024屋台の出店場所はどこ?

天神祭の屋台の出店数は例年500店舗(2023年は1000店舗)ほど出店されます。

屋台の場所は、以下のとおりです。

  • 大阪天満宮の境内
  • 天神橋筋商店街
  • 大川沿い(南天満公園)
  • 大川沿い(桜ノ宮公園)

街中は人で埋め尽くされているので、ゆっくり食べる場所はなさそうです。
敷物やビニール袋、ウェットティッシュなどを持って行ったほうが、食べる時に困らないかもしれません。

<天神祭の屋台でされていた店の一例>

  • 鮎の塩焼き
  • サザエの壺焼き
  • かき氷
  • じゃがバター
  • おでん
  • お好み焼き など

それぞれの屋台の様子を見てみましょう♪

出典:大阪天満宮

大阪天満宮の境内

天神祭のメイン会場である大阪天満宮境内は屋台の混雑が比較的少ないです。
祭事を観ながら、屋台を楽しんでみてはいかがでしょうか?

天神橋筋商店街

日本一長い天神橋筋商店街は、屋根があるので熱中症や日焼けが気になる人にもオススメ。
お神輿や獅子舞などお祭りの雰囲気を味わいつつ、食べ歩きができますよ♪

大川沿い(南天満公園・桜ノ宮公園)

大川の川沿いは、Xの動画からもわかるように、全部が屋台!
24日のお昼ごろと15時〜16時ごろは、屋台の混雑が比較的少ないです。

25日は花火を楽しむ方も多いので、混雑は必死です!!
川崎橋は通行止めになるので、川崎公園に行きたい人は早めに移動しておいた方がいいかもしれませんね!

\思い出を最後まで撮る!軽量モバイルバッテリーはこちら!/

>>花火やお祭りになくては困る!<<

スポンサーリンク
スポンサーリンク

まとめ

今回は、「天神祭2024屋台は何時から何時まで?出店場所はどこ?」と題してまとめました!

天神祭は4ヶ所の屋台がそれぞれの個性があり楽しそうですね!

花火大会会場に近い大川沿いの屋台に行くのもいいですし、、ゆったり祭事を見ながら大阪天満宮の境内の屋台にするか迷ってしまいますね。
日差しが強い時は、天神橋筋商店街もオススメです!

今回の記事が、天神祭2024の屋台に行く時の参考になりますように🎵
最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次