さよならマエストロ5年前の事件は何があった?さよならとはどういう意味?

※本サイトのコンテンツには商品プロモーションが含まれています。

スポンサーリンク

日曜劇場『さよならマエストロ~父と私のアパッシオナート~』が放送され、物語の重要なカギとなる「5年前のある事件」に注目が集まっています。

西島秀俊さんが演じる夏目俊平と娘の響と家族に起きた”ある事件”をきっかけに家族とは別々に暮らして、音楽界から離れてマエストロ引退をしています。

親子仲は最悪で、仕事も家族も失うほどの事件とは何なのか、とっても気になりますよね

そこで今回こちらの記事では、『さよならマエストロ5年前の事件は何があった?さよならとはどういう意味?』と題して、ドラマ『さよならマエストロ』の5年前に起きたある事件について考察したいと思います。

また、ドラマタイトルの「さよなら」とはどういう意味なのか5年前の事件に繋がっているのかなど、ドラマを見ながら考察していきたいと思います。

それでは早速ご覧ください♪

スポンサーリンク
目次

さよならマエストロ5年前の事件は何があった?

ドラマ『さよならマエストロ』で5年前に起きたある事件とは、響がコンクールを抜け出して事故に遭ったことです。

そこで気になるのが、『なぜ響はコンクールを抜け出したのか』『事故前後の夏目俊平の指揮の違いは何を意味するのか?』ということですよね。

事故を起こした後駆けつけることもなく、マエストロとして指揮台に立っていたことと何か関係かがるのかも気になります。

5年前のある事件をきっかけに俊平の周りで変わったことはこちらです!

  • 夏目俊平はマエストロを引退
  • 家族とは別々に暮らす
  • 響はバイオリンを弾いていたが音楽嫌いになっている
  • 俊平は妻を怖がっている
  • 響は父を拒絶している

これだけ、仕事や親子関係、夫婦関係を失ってしまった5年前の事件って、いったい何があったのかとても気になります!

まだこれから5年間の事件の真相が明らかになってきます。

公式サイトのドラマのイントロダクションでは5年前の事件について次のように書かれています。

世界的天才指揮者の彼が、なぜ愛する音楽の世界から退くことになったのか?
そして、5年ぶりの娘との再会。天才ゆえに娘の気持ちがわからない夏目が、父としてもう一度娘と向き合う中で、5年前から時間が止まってしまっていた“娘の人生”を少しずつ動かしていく・・・。

さよならマエストロ公式サイト

家族関係が壊れてしまうほど、響と俊平の間に事件があったということですね。

たった一回の事故や事件というよりは、つもりに積もった不満などが爆発したというイメージなのかもしれませんね。

現時点では考察になりますが、SNSの声を一緒に紹介していきます。

さよならマエストロ5年前のある事件SNSの考察は?

第1話では、5年前の事件のシーンで過呼吸のようになりふらふらしながらコンクールから逃げる響の姿がありました。

そこで事故に遭うのですが、バイオリンを持っているシーンから気になっている方が多いです!

妻の志帆さんは日本にいることがわかり、ここまでするほど取返しのつかないことって何なのかめちゃくちゃ気になります。

過去の西島秀俊さんの演じる役が激しめだったこともあり、めちゃくちゃな展開もあり得るのかもしれませんよね!

響の過去にいったい何があったのか、本当に早く知りたくてたまらないです!

来週の放送も見逃せないですよね!

スポンサーリンク

さよならマエストロの「さよなら」とはどういう意味?

日曜劇場『さよならマエストロ』の「さよなら」がどういう意味なのかも気になっている人が多いのではないでしょうか?

5年前の事件がすでに「さよなら」なのか、最終回の結末に何らかの「さよなら」が待っているのか?

とっても気になります!

さよならマエストロの「さよなら」の意味についてSNSの声は?

ドラマタイトルの「さよなら」が引っかかっている方も多いです。

タイトル「さよなら」の意味に物語の秘密が隠れているかもしれませんよね!

今後も、ドラマ『さよならマエストロ』のさよならの意味について考察を追記していきたいと思います。

スポンサーリンク

まとめ

今回こちらの記事では、『さよならマエストロ5年前の事件は何があった?さよならとはどういう意味?』と題してまとめました。

日曜劇場『さよならマエストロ』で物語のカギとなる5年前の事件について考察を更新していきます。

ドラマタイトル内の「さよなら」の意味とは何なのか、5年前の事件との関連についても考察していきます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次