大谷翔平映画のエンディング曲はALI!2021年の打席登場曲で歌詞の意味は?

※本サイトのコンテンツには商品プロモーションが含まれています。

スポンサーリンク

今回こちらの記事では『大谷翔平映画のエンディング曲はALI!2021年の打席登場曲で歌詞の意味は?』と題してまとめました。

ディズニープラスで独占配信中の大谷翔平選手のドキュメンタリー映画『Shohei Ohtani – Beyond the Dream』はもう見ましたか?

大谷翔平選手の考えや思い、その奥に見える両親の教育などがとても興味深いと感じてもう一度見たいと思いました。

エンディング曲について気になったため、ドキュメンタリー映画のエンディング曲で使われていた曲について徹底調査してまとめました。

大谷翔平選手のドキュメンタリー映画のエンディング曲はALI(アリ)というバンドの「LOST IN PARADISE」という曲です。

ALIというバンドについてや、この曲が大谷翔平選手のドキュメンタリーエンディング曲に選ばれた理由や歌詞の意味などを徹底調査していきます。

それでは早速ご覧ください。

スポンサーリンク
目次

大谷翔平映画のエンディング曲はALI!

大谷翔平選手のドキュメンタリー映画のエンディング曲はALI(アリ)というバンドの「LOST IN PARADISE」という曲です。

大谷翔平選手のドキュメンタリー映画がのエンディング曲を聞いて、誰の曲だろうと気になりましたよね。

ALIというバンドは日本のバンドで、メンバーは多国籍にルーツを持つ3名で構成されています。

大谷翔平選手が2021年に打席登場曲にも選んでいるこの曲は、人気アニメ呪術廻戦のエンディング曲でもあります。

2021年5月にドラムスを担当していたメンバーが特殊詐欺で逮捕起訴されたため無期限活動休止していましたが、現在は活動再開しています。

ボーカルのLEO(今村怜央)さんの妻は元E―girlsの藤井萩花さんです。

ALIとは?
  • 2016年に結成、当初は7人組
  • 2020年「LOST IN PARADISE feat.AKLO」はサブスクリプション(定額聴き放題)の総再生回数は5000万回を突破
  • バンド名は「Alien Liberty International」の略称
  • メンバーは、LEO(今村怜央)、LUTHFI(楠間ルッフィ)、CÉSAR(田中愛一朗セザー)

旧メンバーが逮捕されたことで、決まっていたアニメオープニング曲から降板したり、無期限活動休止期間を経て、現在は活動を再開しています。

スポンサーリンク

大谷翔平映画のエンディング曲は2021年の打席登場曲!

大谷翔平選手のエンディング曲に使われている曲は2021年に大谷翔平選手が打席登場曲として使用しているました。

ドキュメンタリー映画にも、大谷翔平選手の好きな曲が選ばれているのだと思います。

一時期は、活動休止中CDや音源が削除されていて希少価値が高くなっている時期もありました。

スポンサーリンク

大谷翔平の映画のエンディング曲の歌詞の意味は?

大谷翔平選手のドキュメンタリー映画のエンディング曲は、ALI(アリ)というバンドの「LOST IN PARADISE」の歌詞の意味はどんなものなのか一部紹介します。

歌詞の和訳に一部に、『人生で戦うことを諦めない』という意味があります。

大谷翔平選手が、二刀流に挑戦した今までの思いを語ったドキュメンタリー映画のエンディング曲にピッタリですよね。

大谷翔平選手はいつも苦しそうな顔などを見せないですが、並々ならぬ努力を重ねてきたからこそ、LOST IN PARADISEの熱い歌詞のような感情があったのかもしれませんね。

大谷翔平選手がALIの「LOST IN PARADISE」を選んだのは、聞けば聞くほど深いなと思います。

スポンサーリンク

まとめ

今回こちらの記事では『大谷翔平映画のエンディング曲はALI!2021年の打席登場曲で歌詞の意味は?』と題してまとめました。

大谷翔平選手のドキュメンタリー映画のエンディング曲はALI(アリ)というバンドの「LOST IN PARADISE」という曲です。

歌詞の和訳に一部に、『人生で戦うことを諦めない』という意味があります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次