森林貴彦監督は小学校の先生?幼稚舎勤務で元サラリーマンのスゴイ経歴も!

※本サイトのコンテンツには商品プロモーションが含まれています。

スポンサーリンク

今回こちらの記事では『森林貴彦監督は小学校の先生?幼稚舎勤務で元サラリーマンのスゴイ経歴も!』と題しまして、

  • 森林貴彦監督は小学校の先生?
  • 森林貴彦監督が幼稚舎勤務はなぜ?
  • 森林貴彦監督は元サラリーマン?
  • 森林貴彦監督のスゴイ経歴まとめ!

こちらの4つの疑問に回答していきます。

2023年夏の甲子園が開催されており、神奈川県代表の慶応高校活躍していますよね。

その中で話題になっているのが、慶応幼稚舎(小学校)の先生として勤務しながら、慶応義塾高校の野球部監督を務める森林貴彦監督です。

坊主頭ではないのに強いしイケメンぞろいの野球部としても注目されていますよね。

そこで森林貴彦監督が高校ではなく、小学校の先生として働くのはなぜなのか理由が気になりますよね!

生粋の慶応ボーイである森林貴彦監督の経歴について深堀してまとめました。

それでは早速本題です。

スポンサーリンク
目次

森林貴彦監督は小学校の先生?

森林貴彦監督は、現在慶応幼稚舎(慶応義塾付属小学校)の体育の先生をしています。

広尾にある幼稚舎(小学校)での勤務を終えた後に、神奈川県の日吉にある慶応義塾高校に移動して野球部の指導をしています。

慶応幼稚舎(慶応義塾付属小学校)と慶応高校は電車で20分から30分の距離にあります。

森林貴彦監督のプロフィール
  • 名前:森林貴彦
  • 読み方:もりばやし たかひこ
  • 年齢:50歳
  • 誕生日:1973年6月7日
  • 出身地:東京都渋谷区
  • 中学:慶応義塾普通部
  • 高校:慶応義塾高等学校
  • 大学:慶応義塾大学法学部・筑波大学
  • 経歴:NTT、慶応幼稚舎の体育教員、慶応高校野球部監督

森林貴彦監督は生粋の慶応ボーイで、中学の普通部、慶応義塾高等学校と慶應義塾大学に通ったのちにNTTに入社しています。

すごいエリートな学歴と経歴ですよね。

しかもすごいのが、一度サラリーマンになった後に、会社を辞めて、筑波大学で教員免許を取得しているんです。

なかなか勇気のいる決断ですし、簡単にできることでもないですよね。

現在は、慶応幼稚舎の小学校の先生と、高校野球部の監督を兼任しています。

経歴や学歴を見ただけでも、人生何周目なんだろうと思うほどすごい方ですね。

スポンサーリンク

森林貴彦監督が慶応幼稚舎勤務なのはなぜ?

森林貴彦監督が慶応幼稚舎に勤務し続けているのはなぜなのか、過去のインタビューで語っていました。

一教員として幼稚舎っていう職場は大変魅力的で、一人一人の裁量が本当に大きいので、今、私担任やってますけれども、やはり授業の進め方からクラスの運営の仕方から、もう本当に個人に任されているので、これだけやりがいのある教員の職場っていうのはなかなかない、素晴らしい職場と思ってます。

それと並行して野球をどういう風にやっていくかっていうので色々思い悩む時期もありましたけど、今はもういわゆる二刀流じゃないですけど、幼稚舎の教員として担任をやりながら、塾高の野球部の監督もするという生活を今、5年目をやってる形になります。

私の履歴書

筑波大学卒業後に高校野球に携わるというビジョンを持っていた時に、タイミングよく受けた慶応幼稚舎(小学校)の仕事を始めたんですね。

現在、高校野球の監督を務めることが出来るようになても、幼稚舎(小学校)の先生はやりがいがあって続けているということです。

大学時代に高校の野球部の学生コーチを4年間経験していたことがきっかけで、サラリーマンを辞めるほど未練があったんですね。

スポンサーリンク

森林貴彦監督は元サラリーマン?

森林貴彦監督の経歴には、大学卒業後に入社したNTTのサラリーマンを3年間経験しています。

サラリーマンの安定収入を捨ててまで、野球部の監督の夢が捨てられなかったのですね。

3年務めたNTTを退社後に、筑波大学で教員免許とスポーツコーチングの勉強をしました。

筑波に3年行ってる間に教員免許を取って、それから修士課程でスポーツコーチング学んで、最終的には母校で教員やりながら監督やれたらいいなぁという青写真を描きながら筑波で生活してたんですけれども、その3年目、いよいよ公立の試験を受けようとかいった時に、慶應義塾の幼稚舎っていう小学校で体育先生の募集っていうのがあって。

同じ慶應だし、幼稚舎で、今の所あまり考えてなかった場所だけど、まずは慶應に入るというのも一つの手かなと思って。それに運良く通ったことがきっかけで幼稚舎の教員としてお世話になる事になりました。

私の履歴書

森林貴彦監督が元サラリーマンで一度社会で仕事をしている経験もプラスに働いていると考えます。

判断力や決断力がとてもすごいですよね。

スポンサーリンク

森林貴彦監督のスゴイ経歴!

森林貴彦監督は学歴も経歴もすごいんですが、実家もお金持ちなんです。

森林貴彦監督の出身地は東京都渋谷区で、実家は株式会社モリバヤシという木材問屋です。

森林貴彦監督の父親の森林和彦さんが社長を務めています。

社長の息子さんだったのですね。

スポンサーリンク

まとめ

今回こちらの記事では『森林貴彦監督は小学校の先生?幼稚舎勤務で元サラリーマンのスゴイ経歴も!』と題しまして、

慶應義塾高校の野球部監督・森林貴彦監督についてちょうさしました。

森林貴彦監督は、一度は企業に就職してサラリーマンを3年間経験しています。

大学4年間学生コーチとして携わった高校野球の監督に未練があり、脱サラして大学で教職免許を取りました。

現在は、慶應幼稚舎(付属小学校)の体育の先生をしながら、放課後に高校野球部の監督を兼務しています。

森林貴彦監督の学歴や経歴も素晴らしですが、小学生と高校生を教育する二刀流として今後の活躍が期待されています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次